オタクのひとりごと

ナイショにしてる 恥ずかしいから でもでも "好きだよ"

AYA UCHIDA 1st SOLO LIVE2015 アップルミント~Baby,Are you ready to go?~(追記あり)

なんの脈絡もなく書き始めてしまった…。

幕張メッセから数日なのに既に内田ロスで1stライブを見始めてしまった。

私が初めていったライブは2ndの追加公演だったので(収穫祭はいった)

BD買ってから毎日見てて毎日泣いてた。

 

映像が始まって最初に彩の手書き文字が可愛かったので死んだ。

普通に可愛すぎた。

 

一曲目がアップルミントなの、今考えたらあり得ないことなのかな。

やっぱり初めてのソロだから表題曲持ってきてるんだと思うし…。

まだこのころは"綺麗なアップルミント"だなっていう感想。

でも今の力強くて自信を持って歌ってて、時には歌詞を変えて歌うアップルミントもすごく好きです。

 

二曲目のオレンジ、今ではESPのアコースティックを思い出してしまうけど、これを見まくっていたころはオレンジがとても楽しい曲で仕方なかった。

オレンジってすごくキラキラしている曲ってイメージがある(音のつくりが)

そこがオレンジのとっても好きなところで私の中で魅力的だなって思うところ。

 

そこからのMerry Goは最高にカワイイ。

やっぱり私は彩の「好きな色ふってね~」がとても好きなんだと思う。

 

個人的にイントロで「好きな色振ってね~」が久しぶりに聞けたのがよかった。

AYA UCHIDA LIVE2017 ICECREAM GIRL - オタクのひとりごと

 

幕張でも6曲目で比較的早い段階でもってきてたし、地味にテンションのあがる曲だなぁ。好き。この時ペンライトをくるくるしてるのが頭の中に残りすぎていつもライブでこれがきたらくるくるしてしまう。

 

MCで(ペンライトに)ピンクがいっぱいあるっていう話とか、Tシャツのデザインの話してて変な声で「うちだあや、ふぁーすと、そろ、らいぶ」とかいうの可愛すぎて本当に大好きだな(偏差値が低い)

お水こぼしちゃうのもやっぱり彩だなって思っちゃうし何をしていても好き。

 

キックとパンチどっちがいい?どっちもしてほしいです

タンバリンかわいいよねぇ、しゃんしゃん

この時はまだ"キックとパンチどっちがいい?って聞いてる女の子"が歌ってる感じがすごいから改めて比較すると全然違うんだなって感じた。きっとまだ悩んで歌ってたのかなぁ。ちなみに泣きべそパンダも曲の主人公ちゃんで歌ってる感じ。

「あのね、あのね」の部分は今の歌い方のほうがすき。

 

ここでくるピンク・マゼンダはきっと今なら号泣してしまうと思う。

今の自分のままヤクザと1stライブ連番して見てみたい。

現場にいないからわからないけど1stの演出はすごくステージ暗くて本当に彩だけがピンク色に染まってるなぁ。それはそれですごくきれいだと思った。

 

ここから私ははじまってしまった(Breezin')

このとき彩が泣きそうに(半泣き?)なりながら歌うのにやられてしまっている感はすごいある。これを繰り返し見ていたせいでBreezin'のオタクなのでは?

衣装もまじでめちゃくちゃに好きだし…バンドサウンドに本当に映える曲なんだって実感する。釣られて泣いてしまってたから今でもBreezin'で泣くんだろう。

刷り込みってすごい(きっと違う)

 

ONE WAYは当時歌詞がグサグサ突き刺さってて死ぬ勢いだったし一生懸命に歌う彩に泣いた。あとこれのイントロで櫻田さんに惚れた。早く帰ってきて。

Sweet Rainに関してはこのときまだしっくり来てなくて、どういう気持ちで聞いたらいいんだろうみたいなことを考えてた。時間が経つと曲への考え方や接し方も変わるんだな。

 

Growing Going、やっぱりたのしいね。タオルぶん回してるの楽しい。

「振り付けやるよ!」「くるくる~」っていう彩、かわいすぎ。

(だんだん雑になってる気がする)

 

ドーナツは私の中で結構ラストにしっくりくる曲っていうか、最初聞いたとき曲名と曲調がイメージと違い過ぎてびっくりした記憶がある。

もっとこうふわふわ~ってイメージをしてた(FH的な感じの)

だから幕張でメドレーに救ってもらえていてよかった。

 

ひとまずアンコールに関してはちょっとおいておきます。

少し久しぶりに(とはいっても一か月ぶりくらい)に見て、ついでに幕張を終えた上で鑑賞してみて思ったこと。

歌だけで成り立ってないんだなっていうのをすごく思った。

分かってたことだしいつも思ってたけど1stのころからそれは変わってないんだなって。

内田彩っていう人間の根本が変わってるわけじゃないんだから当たり前っちゃ当たり前だけど。

表情だったり動きだったり声の出し方もそうだけど、内田彩全てで"内田彩"になってるんだなぁ。

 

私は仲のいいオタクみたいにきれいな文章は書けないし、論理的にも話せない。思ってることを素直に書き表すこともうまくないし、変に捻ったり変に素直に書いたり、結果うまくまとまらなくなってもうこれでいいか~ってなっちゃうんだけど。

それでも同じコンテンツを好きな人の目に触れて共感してもらえるところがあればいいかなって思うし、ブログに限らずTwitterでも実際会ったときでも話せてああだこうだって言えるのってすごくたのしいなぁ。でもブログの連携してるTwitterは鍵垢

 

今日のところはそんな感じで(アンコールの感想端折ったのは頭が回らなくなったから)

後日追記する気がします。おやすみなさい。

 

*ここから追記(マジカルうっちーを見ながら)

 

アンコールについて改めて。

まぁまさかチェンクロ枠があるとは思わなかったよね。パケ裏見てわかってたけど。

三人で歌うのと一人で歌うの、また雰囲気が違うので良いですね。

そのあとのハルカカナタ…。お母さんの話をする可愛い内田彩さんが見られたので金子麻友美さんに圧倒的感謝って感じでした。

そして"初披露"のBlooming!最高かよ…好きだよ…。

MCの内田さんの発言もとっても好き。

「この曲は"イエイ!"って感じじゃなくて"イエエエエイ!"って感じ」

この書き方だとどこかの芸人みたいだけど…アップルミントがいえい!って盛り上がる曲ならBlooming!はじわじわ盛り上がってく感じっていう話をしていてつくづく内田さんのそういう表現好きだなって思いました。

 

そして「おやすみ~」が出たので終わると思ったらダブルアンコールありがとう。

やり直したい曲があるんです~という発言で(わかってたけど)Breezin'だ!!!

と泣きました。何回見てもダブアンつらい。大好き。

なんだろう、こんなにもぶちあがり曲なのに勝手に泣いてるだけだが泣かせに来るAYA UCHIDAとかいう女控えめに言っても大好きだし一生アイシテル。

 

本当のラストにBlooming!をMV付きで持ってくるのはズルいよね。

どっちみていいかわからなくなると思う。現場にいたら。

あと「さっきのいつ使うのって言った薄桃色(こもも色)はこの曲にぴったり」って言ってたからいつも普通にピンクにしてたけど今後は積極的にこももいろにします。

 

MCで思い出しました。

MV撮影で沖縄に行った話で「向こうはどしゃ降りで、だけど撮影始めたら雨が止んで太陽も出て、休憩になったらまた降り出して…雨女説が濃厚だったけど晴れ女になったかも~」という言葉を改めて聞いて私が思ったこと。

やっぱり内田彩は"My Sunshine"

 

ありがとうございました。